脱毛中に強い痛みがある?

医療脱毛はレーザー脱毛が主流

医療脱毛のやり方も時代の変遷とともに変化してきていて、昔はワックス脱毛なども行われていて痛みを伴うものが多かったものの、現在ではあまり痛みを感じない施術が主流になっています。医療脱毛で用いられているのはレーザー脱毛で、強い光を肌に照射することによって脱毛を進めていくのが特徴です。肌の奥にある細胞を破壊して毛を生えなくするという仕組みになっているため、レーザーの光が他の細胞も刺激して痛みを出すのではないかと懸念する人もいます。確かにそれは事実ですが、痛みがあまりないように光をパルス照射する技術も生まれているので安心です。さらに麻酔クリームを使用するのが一般的で、痛みは感じないことが多くなっています。

痛みがないとは限らない

医療脱毛のレーザー脱毛では痛みを伴うリスクが低いのは確かですが、肌が敏感だったり、肌質がレーザーと合っていなかったり、麻酔が効きにくい体質だったりすると痛みを感じてしまうこともあります。そのため、痛みに対する懸念がある人のためにまずはお試しの施術を受けられるようにしているクリニックが多くなっています。腕などの比較的痛みを我慢しやすい部分にレーザーを当ててみて痛みがないかを確認するというのが一般的なやり方です。痛みがあるかどうかが全身脱毛やVIO脱毛のようなときには悩みになりがちですが、クリニックでもその点は配慮しています。きちんと顧客に合わせて適切な方法を選び、痛みを伴わないようにしてくれるでしょう。