医療脱毛より痛みが少ない

痛みを懸念するならサロンへ

脱毛サロンで行われている光脱毛は医療脱毛に比べて痛みを伴いにくいのが特徴です。光を使う脱毛は痛いということが噂されていますが、どのような光を使うかによって大きな違いがあります。医療脱毛の場合にはレーザーと呼ばれる非常に強力な光を使用するため、破壊したい毛母細胞などの毛が生える元になっている細胞だけでなく、肌の細胞も強く刺激してしまいがちです。それが人の痛覚を刺激してしまうことになり、痛みを伴う結果になってしまうことが多いのです。しかし、脱毛サロンでは比較的弱い光を照射することによって脱毛を進めています。原理的にはレーザーとは違わないものの、きちんと毛母細胞を破壊できる光を使っているので効果もあります。

痛みへの配慮も充実している

脱毛サロンを選ぶ理由として痛みを伴うのが嫌だからという人が大勢います。そのため、脱毛サロンではただ弱い光を使って施術をするだけでなく、他にも痛みを伴わないように工夫をしているのが一般的です。痛みへの配慮として冷感ジェルを使って肌を冷やすというのが典型的なもので、冷たくすると光照射によって生じる痛みは和らぐことが知られています。また、痛いかもしれないという気持ちが強いと敏感になってしまい、ほとんど痛くないはずなのに激痛のように感じてしまうこともあります。その対策として環境を大切にし、リラックスできる空間で施術を受けられるように配慮しているサロンも少なくありません。このような工夫によって痛みをあまり感じないで施術を受けられるようになっています。